2015年

5月

27日

アトピー性皮膚炎によいアロマ

その昔、アトピー持ちの友人に、


すこしでも軽くなって欲しいと思いいろいろなレシピで


ブレンドオイルを作っていました。


アトピーというのは、もともとアレルギー体質が原因というのがよく認知されていますが、


食生活や、ストレスも深く関わっています。


遡れば、母親の胎内にいるうちの食や母親のストレスが関わるとまで言われています。


そんなアトピーの方でも、オイルを使ってのロミロミは問題なく受けて頂いております。



アロマを使う場合や、ケア目的で製作する場合のレシピをご紹介しますね♪


これはタナセタムと言って、リラクゼーションにはあまり使われることは少ないかもしれませんが、


カモミールジャーマンと同じような用途で使用できます。


アトピーやかゆみ、皮膚炎によいとされていますし、瘢痕形成作用と言って、皮膚の再生も促してくれます。


また、ベースとなるキャリアオイルにはローズヒップと砂漠の黄金と言われるアルガンオイルを使用します。


アルガンオイルはちょっと癖のある香りがしますが、どちらもビタミンCが豊富です。



10ml 5% のアロマレシピ


【キャリアオイル】

・ローズヒップオイル 5ml

・アルガンオイル   5ml


【エッセンシャルオイル】

・タナセタム  3滴 (瘢痕形成、皮膚組織再生)

・ローズウッド 2滴

・パルマローザ 2滴(瘢痕形成)

・ペパーミント 2滴(鎮静)

・ローレル   1滴

・ローズ(1/10) 3滴


遮光瓶に以上を入れて、よくふります。

これで完成♪


お子様やご高齢の方にご使用の際には、


もう少しだけキャリアオイルを増やして薄めてご利用くださいね。


ではでは、みなさんも試してみてね♪